脆弱性管理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

脆弱性管理 (ぜいじゃくせいかんり、: vulnerability management)は、ソフトウェアの脆弱性を「識別、分類、優先順位付け、修正、および軽減する循環的な慣行」のこと[1] 。脆弱性管理はコンピュータセキュリティネットワークセキュリティに不可欠である。脆弱性評価と混同しないこと[2]

脆弱性は、脆弱性検査ツールを使用して発見することができる。脆弱性検査ツールは、コンピューターシステムを分析して、開いているポート、安全でないソフトウェア構成、マルウェア感染に対する感受性などの既知の脆弱性[3]を検索できる。ゼロデイ攻撃などの未知の脆弱性は、ファジングテストで見つかる可能性があるこれにより、関連するテストケースでのバッファオーバーフローなど、特定の種類の脆弱性を特定できる。このような分析は、テスト自動化で容易になる。さらに、ヒューリスティック分析が可能なウイルス対策ソフトウェアは、ソフトウェアが疑わしい動作(システムファイルの上書きを試みるなど)を検出した場合、既知でないマルウェアを発見できる可能性もある。

脆弱性への対策には、パッチインストール、ネットワークセキュリティポリシーの変更、ソフトウェアの再構成、またはソーシャルエンジニアリングについてのユーザーの教育などが有効である。

脚注[編集]

  1. ^ Foreman, P: Vulnerability Management, page 1. Taylor & Francis Group, 2010. ISBN 978-1-4398-0150-5
  2. ^ “Vulnerability Assessments vs. Vulnerability Management” (英語). Hitachi Systems Security | Managed Security Services Provider. (2018年2月19日). https://www.hitachi-systems-security.com/blog/difference-vulnerability-assessments-vulnerability-management/ 2018年8月4日閲覧。 
  3. ^ Anna-Maija Juuso and Ari Takanen Unknown Vulnerability Management, Codenomicon whitepaper, October 2010 .

関連項目[編集]

外部リンク[編集]