肝芽腫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
肝芽腫
Hepatoblastoma - 2 - very high mag.jpg
肝芽腫の顕微鏡写真(H&E染色
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
腫瘍学
ICD-10 C22.0
ICD-O M8970/3
DiseasesDB 5799
eMedicine ped/982 radio/331
MeSH D018197

肝芽腫(かんがしゅ、: Hepatoblastoma)は乳児・小児に発生する稀な悪性肝新生物であり、組織型は胎児肝細胞、成熟肝細胞、胆管細胞に類似している。通常、腹部腫瘤として触知される。3歳以下の幼児[1]α-フェトプロテイン(AFP)上昇により診断されることが多い。診断時にAFPが上昇していない場合は予後不良である[2]

病態生理学[編集]

肝芽腫(右)と正常肝組織(左)の顕微鏡写真(H&E染色)

肝芽腫は未熟な肝前駆細胞に由来し、孤立的で、左葉に比べて右葉に多い。転移し得る。

早期に大腸ポリープ腺癌を有する家族性大腸腺腫症(FAP)の患者はしばしば肝芽腫を併発する[3][4]。 散発性肝芽腫では、67%の患者でβ-カテニン英語版変異が見られる[5][6]。2005年には、他のWntシグナル経路コンポーネントも又肝芽腫の発現に関与していると思われることが示された[6][7]

肝芽腫が多能性幹細胞に由来することを示唆する根拠が蓄積されている[8]

ある研究では、低出生体重が肝芽腫の危険因子である可能性が示唆されている[9]

Buckley等の小児癌研究グループは1989年、母親および父親の金属への暴露が子の肝芽腫発生に有意に関連していることを発見した。

治療[編集]

肝芽腫の検査の中で最も一般的な方法は、α-フェトプロテイン(AFP)を確認する血液検査である。AFPは小児の肝臓癌の存在を確認するために用いられるバイオマーカーである。出生時、新生児のAFP濃度は比較的高値であり、生後1年以内に大人の正常値程度に低下する。小児のAFP正常値は10ng/mLとされる。AFP値500ng/mL超の場合は肝芽腫の可能性が高い。AFPは治療の奏効度を確認するためにも利用される。腫瘍が消失するとAFPは正常値に下がると期待される[10]

治療の手技として外科的部分切除術英語版、術前アジュバント化学療法肝移植が適用される[11][12]。初回肝移植の場合、80%の患児で長期の未罹患状態が達成される。完全切除およびアジュバント化学療法施行時の生存率は100%である[13][14]。転移巣の存在は主要な予後不良因子である[15]

出典[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ De Ioris M, Brugieres L, Zimmermann A, Keeling J, Brock P, Maibach R, Pritchard J, Shafford L, Zsiros J, Czaudzerna P, Perilongo G (2007). “Hepatoblastoma with a low serum alpha-fetoprotein level at diagnosis: The SIOPEL group experience.”. Eur J Cancer 44 (4): 545–50. doi:10.1016/j.ejca.2007.11.022. PMID 18166449. 
  3. ^ Hirschman BA, Pollock BH, Tomlinson GE (August 2005). “The spectrum of APC mutations in children with hepatoblastoma from familial adenomatous polyposis kindreds”. J. Pediatr.英語版 147 (2): 263–6. doi:10.1016/j.jpeds.2005.04.019. PMID 16126064. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0022-3476(05)00326-4. 
  4. ^ Sanders RP, Furman WL (November 2006). “Familial adenomatous polyposis in two brothers with hepatoblastoma: implications for diagnosis and screening”. Pediatr Blood Cancer 47 (6): 851–4. doi:10.1002/pbc.20556. PMID 16106429. 
  5. ^ Anna CH, Sills RC, Foley JF, Stockton PS, Ton TV, Devereux TR (June 2000). “Beta-catenin mutations and protein accumulation in all hepatoblastomas examined from B6C3F1 mice treated with anthraquinone or oxazepam”. Cancer Res.英語版 60 (11): 2864–8. PMID 10850429. http://cancerres.aacrjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=10850429. 
  6. ^ a b Tan X, Apte U, Micsenyi A, et al. (July 2005). “Epidermal growth factor receptor: a novel target of the Wnt/beta-catenin pathway in liver”. Gastroenterology英語版 129 (1): 285–302. doi:10.1053/j.gastro.2005.04.013. PMC 1821080. PMID 16012954. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0016508505006967. 
  7. ^ Koch A, Waha A, Hartmann W, et al. (June 2005). “Elevated expression of Wnt antagonists is a common event in hepatoblastomas”. Clin. Cancer Res.英語版 11 (12): 4295–304. doi:10.1158/1078-0432.CCR-04-1162. PMID 15958610. http://clincancerres.aacrjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=15958610. 
  8. ^ Ruck P, Xiao JC (November 2002). “Stem-like cells in hepatoblastoma”. Med. Pediatr. Oncol. 39 (5): 504–7. doi:10.1002/mpo.10175. PMID 12228907. 
  9. ^ Tanimura M, Matsui I, Abe J, et al. (July 1998). “Increased risk of hepatoblastoma among immature children with a lower birth weight”. Cancer Res.英語版 58 (14): 3032–5. PMID 9679968. http://cancerres.aacrjournals.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=9679968. 
  10. ^ Tim, P, et al.. Hepatoblastoma. http://hepatoblastoma.mditv.com/. 
  11. ^ Ang JP, Heath JA, Donath S, Khurana S, Auldist A (February 2007). “Treatment outcomes for hepatoblastoma: an institution's experience over two decades”. Pediatr. Surg. Int. 23 (2): 103–9. doi:10.1007/s00383-006-1834-1. PMID 17119981. 
  12. ^ Otte JB, Pritchard J, Aronson DC, et al. (January 2004). “Liver transplantation for hepatoblastoma: results from the International Society of Pediatric Oncology (SIOP) study SIOPEL-1 and review of the world experience”. Pediatr Blood Cancer 42 (1): 74–83. doi:10.1002/pbc.10376. PMID 14752798. 
  13. ^ http://emedicine.medscape.com/article/986802-overview
  14. ^ Otte JB, de Ville de Goyet J, Reding R (October 2005). “Liver transplantation for hepatoblastoma: indications and contraindications in the modern era”. Pediatr Transplant 9 (5): 557–65. doi:10.1111/j.1399-3046.2005.00354.x. PMID 16176410. 
  15. ^ Czauderna P, Mackinlay G, Perilongo G, et al. (June 2002). “Hepatocellular carcinoma in children: results of the first prospective study of the International Society of Pediatric Oncology group”. J. Clin. Oncol.英語版 20 (12): 2798–804. doi:10.1200/JCO.2002.06.102. PMID 12065556. http://www.jco.org/cgi/pmidlookup?view=long&pmid=12065556. 

外部リンク[編集]