耐塩菌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

耐塩菌(たいえんきん、salt tolerant bacteria/halotolerant bacteria)とは塩化ナトリウムを含まない培地でよく増殖し、かつ、10%以上含む培地でも増殖可能である細菌の総称。黄色ブドウ球菌を含むStaphylococcus属などが該当する。食品衛生上問題となることがある。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 鹿江雅光、新城敏晴、高橋英司、田淵清、原澤亮編 『最新家畜微生物学』 朝倉書店 1998年 ISBN 4254460198