羽川和元

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

羽川 和元(はねがわ わげん、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

師系・経歴不明。羽川を名乗ることから羽川珍重の門人といわれるが、珍重と和元は同一人であるという説もあり定かではない。「和元」の本来の読み方は不明で「かずもと」とも読める。作画期は享保の頃で細判の漆絵を残す。また享保12年(1727年)の絵暦で竹に雀を描いた作が知られる。

作品[編集]

参考文献[編集]

  • 鈴木重三・山口桂三郎 『浮世絵聚花 シカゴ美術館1』 小学館、1979年
  • マニー・L・ヒックマン 『浮世絵聚花 ボストン美術館1』 小学館、1983年
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』(第2巻) 大修館書店、1982年