縮退炉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

縮退炉(しゅくたいろ)とは、SF作品に登場する、縮退した物質を利用してエネルギーを発生させる装置である。ブラックホールエンジンなどもこれに類するものであると思われる。

その原理は作品ごとに異なるが、莫大なエネルギーを持つとされることは共通である。主に恒星間宇宙船スーパーロボットの動力源として使用される。

縮退炉あるいは類似の機関が登場する作品とその理論[編集]

アニメ[編集]

漫画[編集]

  • ハヤテのごとく! - 第154話「温泉と同じくらい大好き」にて三千院家のサウナの動力となっていることが明かされている。

SF特撮ドラマ[編集]

小説[編集]

web小説[編集]

  • 『今のはメ○ゾーマではない…メ○だ』をリアルでやってしまう天才魔法使いが異世界で元娼婦の嫁とイチャイチャする話。(ラルフ=エステーソン
  • 転生したらスライムだった件

実現の可能性[編集]

ブラックホールは周囲の質量を吸収することによって成長する一方、ホーキング放射によって質量をエネルギーに変換しながら蒸発しており、ブラックホールの質量が小さければ小さいほど蒸発速度=エネルギーの放出速度は大きくなる。したがって極小のブラックホールに適切な量の質量を投入し続ければ、ブラックホールの成長と蒸発が平衡状態となり、ブラックホールを一定の大きさに維持することができる。ブラックホールの生成(および保持)に必要なエネルギーをブラックホールが蒸発するときに放出されるエネルギーよりも小さくすることができれば、極短時間で直接的に質量をエネルギーへと変換する極めて効率の高い動力源として利用することができる。しかも、理論的には投入された質量が100%エネルギーになり、核分裂や核融合と違って廃棄物が全く残らない上に質量さえあれば何でも燃料にできるというメリットがある。

20世紀末以降の弦理論ブレーンワールド理論の進展から、大型ハドロン衝突型加速器 (LHC) 程度のかつて予想されていたよりは低エネルギー(それでも過去最大級であり、陽子数千個分の質量に相当する)の加速器で極小ブラックホールを産み出せる可能性が論じられ、2008年から始まった実験テーマの一つに選ばれた。実際にLHCでブラックホールが生成されたとしても投入されるエネルギーに対してあまりにも小さすぎるが、遠未来のテクノロジーと考えられていた縮退炉の予想外に早い実用化につながることを期待する動きもある。

一方、天体クラスの質量を持つブラックホールではホーキング放射は無視できるほど小さくなるが、その周囲に形成された降着円盤から莫大なエネルギーが放出されている。一説にはブラックホールに吸い込まれた質量の30%がエネルギーとして放出されるともいう。このエネルギーを何らかの形で取り出すことができればこれも縮退炉の一種となりえるが、現在の技術で人類が到達可能な範囲にブラックホールは発見されていない。

脚注[編集]

  1. ^ トップをねらえ2!大百科

関連項目[編集]

外部リンク[編集]