網谷正美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

網谷 正美(あみたに まさみ、本名・同じ、1947年昭和22年)3月15日 - )は大蔵流狂言能楽師、京都能楽会会員。元同志社中学校・高等学校国語科教諭

1965年京都大学文学部在学中に京都大学狂言研究会にて木村正雄に師事。1971年、同大学卒業。能楽養成会に入会し、十二世茂山千五郎(のちの四世千作)に師事。同時に高校の国語科教諭となった。

1984年、同門の松本薫丸石やすしらと「狂言勉強会」(現在は「狂言三笑会」)を発足し、年間五回の公演を続ける。2006年にはこの活動が認められ、京都府文化賞功労賞を受賞。

関連項目[編集]

関連サイト[編集]