紫外・可視・近赤外分光法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

紫外・可視・近赤外分光法(しがい・かし・きんせきがいぶんこうほう、UV-Vis-NIR)は、紫外 (UV, UltraViolet)、可視 (Vis, Visible)、および近赤外 (NIR, Near InfraRed) 領域の光吸収を測定する分光法である。通常、200–1,500 nm 程度の波長範囲について測定する。

一般に、この範囲の吸光は、分子内の電子遷移に由来する。遷移過程としては、π-π* 遷移n-π* 遷移、d-d 遷移、金属-配位子間電荷移動 (MLCT)、原子価間電荷移動移動 (IVCT) などがあるが、このような遷移過程を持つ分子は比較的少ない(一方、赤外吸収は分子振動・回転に由来するため、ほとんど全ての分子が示す)。

したがって、本法の対象となる試料は限られたものとなる。しかしながら、測定が容易であること、結果が肉眼での観察と一致しわかりやすいこと、分子によっては極めて特徴的なスペクトルを示すこと(ポルフィリンなど)、スペクトルが物質の状態によって敏感に変化することなどから、特に錯体化学分析化学で頻繁に用いられる測定法である。

次に、ベンゼンとその縮合芳香環化合物の吸収スペクトルの例を示す(図の黒腺)。

スペクトルの例

スペクトル左側の灰色地の領域が紫外領域、右側の灰色地の領域が近赤外部である。共役 π 電子系が長くなるにつれ、極大吸収波長 λ が長波長側にシフトしてゆくので、吸収が紫外領域から可視領域へと伸展して行く。

対象となる試料
溶液・薄膜など、ある程度の光を透過するもの
測定困難な試料
不透明なもの(顔料など、透過法では無く反射法で測定を行う)

関連項目[編集]