純粋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
純粋
岡平健治スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル ビクターエンタテインメント
チャート最高順位
岡平健治 年表
I♡GM
(2009年)
純粋
(2009年)
岡平健治 宇留斗羅アルバム1991→2010「喜」「怒」「哀」「楽」
(2010年)
テンプレートを表示

純粋』(じゅんすい)は、岡平健治の3枚目(オリジナルとしては2枚目)のアルバムである。

初回限定盤には特典としてDVDとCDが2枚組になっている。 DVDには、CDに収録されている曲『夏の夜空に輝く星を君と見たいから』のビデオクリップ映像(story ver/KENJI verの2パターン)、アルバムイメージフォトスライドショー(健治MIXの『純粋』全曲ダイジェスト音源BGM)、ビデオクリップ撮影時メイキング映像が収録されている。

レコーディングは主に、岡平本人の自宅スタジオで行われた。 スケジュールの関係で、レコーディング期間がおよそ3週間~1ヶ月しかなかった。そのため、「自宅スタジオでの作業途中に、パソコンの録音をクリックしたまま、32時間眠っていたことがあった」とラジオや雑誌のインタビューで語っている。

歌詞カードは全て、岡平本人の手書きである。 「歌詞を書くのに24時間かかった」と雑誌のインタビューで語っている。

収録曲[編集]

  1. 音松楽蔵
    曲名は岡平の曾祖父の名前を合わせた物。『弾語り自走ツアー2009年』(地方)でのオープニングSEにも使用されていた。
  2. ELEGY OF GRADUATION
    歌詞は、「3B LAB.☆S」としてリリースされている1枚目のシングル『一期一会』に収録されている『卒業哀歌』を英訳したもの。
  3. 夏の夜空に輝く星を君と見たいから
    アルバムのリリース前に、音源やビデオクリップ(story ver)がそれぞれ先行配信されていた。
  4. 夢・風・水
    岡平の父が飼っていた金魚(ランチュウ)について、12歳の時に制作した曲。母に初めて褒められた曲らしい。
  5. 満秋
    作曲は13歳、作詞は上京したての18歳の時で、「19」時代から未発表曲としてたびたび歌っていた。 レコーディングにあたり、歌詞とアレンジが加えられた。
  6. 恋島
    2008年の『弾語り自走ツアー』で沖縄に片道27時間かけて行ったとき、感動して作った歌。沖縄でのライブ前に三線を購入し、即興で作った歌。 2008年にリリースされたライブDVD『KENJIBOX 健治箱 ~前人未踏の全国47都道府県弾語り自走TOUR2007→2008』にも収録されている。 レコーディングにあたり、アレンジされた。 アルバムのリリース前に、音源が先行配信されていた。
  7. 17歳の時に製作した歌。
  8. オンボロの君と僕
  9. 童心
    11歳の時に制作し、「19」時代から未発表曲としてたびたび歌っていた曲をアレンジした。
  10. 僕之故郷
    岡平の父が2008年に作詞作曲した歌を、岡平本人がカバーした。
  11. 人間交差点
    弘兼憲史の漫画を読み、小学生の頃制作した歌。
  12. 大阪ライフ
    就職したが、ミュージシャンの夢を諦められず、実家を飛び出して大阪に住んでいた18歳の時に制作した歌。
  13. LEGEND OF PUNKFOLKER
    「2009年の『自走ツアー』を決行するにあたり遺言のつもりで書いた」と雑誌のインタビューで語っている。
  14. 縁側
    「3B LAB.☆S」としてリリースされた1枚目のアルバム『LABORATORY#1』に収録する予定でレコーディングしてあった曲。 レコーディングが深夜に及び、ガラガラの声質になったことを、岡平本人は「せつなくて気に入っている」と雑誌のインタビューで語っている。