米谷隆三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

米谷 隆三(まいたに りゅうぞう、1899年2月11日 - 1958年5月3日)は、岡山県出身の法学者。専門は商法保険学。1955年「約款法の理論」で日本学士院賞受賞。

来歴[編集]

岡山県都窪郡茶屋町(現倉敷市茶屋町)生まれ。旧制第一岡山中学校(現岡山県立岡山朝日高等学校)を経て、1925年東京商科大学(現一橋大学)卒業(青山衆司ゼミナール)。

1923年文官高等試験行政科合格、1925年商工省入省、商務局保険課勤務。1929年明治大学兼任講師(火災保険論)を経て、1930年東京商科大学(現一橋大学)助教授兼予科教授就任。ベルリンローマパリへの留学を経て、1934年第10回国際アクチュアリー会議日本代表。1935年東京商科大教授就任も、1947年教職追放令により金子鷹之助常盤敏太江沢譲爾とともに同大を免職される[1]。この間、1938年九州帝国大学法文学部保険法講座嘱託、1934年学術会議研究員、1946年大蔵省事務取扱嘱託、同年逓信院事務取扱嘱託。

1947年企業法研究所を開設し同所長就任するとともに弁護士登録。1950年法学博士立命館大学)。博士号の審査は末川博らが行った。1952年から成蹊大学教授。この間1954年第14回国際アクチュアリー会議日本代表、1956年農林省漁船再保険審議会委員、1958年損害保険協会経営合理化委員。

1958年東京女子医科大学付属病院で死去。死に際してはドイツの保険雑誌"Versicherungswirtschaft"1958年6月1日号に、写真入りの追悼記事が掲載された。

米谷ゼミナール出身者には喜多了祐・一橋大学名誉教授、杉江清・元国立科学博物館長などがいる。

脚注[編集]