籠手田安一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

籠手田 安一(こてだ やすかず、天文22年(1553年) - 没年不明)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。父は籠手田安経

祖父の安昌や父と同じく、キリシタンとなった。豊臣秀吉伴天連追放令を受けた主君の松浦鎮信による教会の破壊の方針に反対し対立したため、一族を連れて出奔したという。