外山幹夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

外山幹夫(とやま みきお、1932年10月16日[1]-2013年4月26日[2])は、日本の日本史学者。

長崎市生まれ。長崎県立大村高等学校卒。広島大学大学院文学研究科国史学修了、78年「大名領国形成過程の研究 大友氏の場合」で文学博士佐世保工業高等専門学校助教授、長崎大学助教授、教授。1998年定年退官、名誉教授、長崎県立女子短期大学教授、99年県立長崎シーボルト大学教授、2002年退職。県文化財保護審議会長、長崎市史編纂委員会委員長などを務めた[3]

著書[編集]

共編[編集]

  • 『日本城郭大系 第17巻 長崎・佐賀』高島忠平共編集 新人物往来社 1980
  • 『わが町の歴史長崎』加藤章共編著 文一総合出版 わが町の歴史シリーズ 1984
  • 『史料で読む長崎県の歴史』編著 清文堂出版 1993
  • 『図説日本の歴史 42 図説長崎県の歴史』責任編集 河出書房新社 1996

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 佐世保高専同窓会
  3. ^ 『長崎市の実像』著者紹介