篠崎功子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

篠崎 功子(しのざき いさこ、1943年3月8日 - 、姓の漢字「崎」は旁(つくり)の上部が「立」である「﨑」が戸籍上では正しい)は、東京生まれのヴァイオリニストである。父は篠崎弘嗣(ヴァイオリニスト)、妹に篠﨑史子(ハーピスト)、弟に篠崎正嗣(ヴァイオリニスト・二胡奏者・作編曲家)、姪に篠﨑和子(ハーピスト)、甥に篠崎央彡(チェリスト・作編曲家)がおり、一大音楽一家である名門篠崎家の一人である。

経歴[編集]

父にヴァイオリンを習い、4歳でデビューしたという。1959年、東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校に入学し兎束龍夫に師事した。1962年、桐朋学園大学に進み、在学中にジャンヌ・イスナール斉藤秀雄に師事し、1964年、第33回日本音楽コンクールで第1位及び大賞を受賞した。1966年、同大学を卒業し、同年の第13回パガニーニ国際コンクールで第3位を受賞した。1968年、フランスに留学し、再度イスナールに師事。

演奏活動[編集]

1974年、ロドリーゴに招かれ、サンティアゴ・デ・コンポステラ・フェスティヴァルに参加した。1977年、「アンサンブル・ヴァン・ドリアン」に参加。日本人作曲家の作品の初演も多い。1684年製ストラディヴァリウス「Webbs」を使用している。

教育者として[編集]

子供の早期教育に力を入れ、兎束龍夫篠﨑弘嗣鷲見三郎監修の「新しいバイオリン教本」の楽曲を実際に演奏したCDを制作した。桐朋学園大学教授、東京音楽大学講師として後進の指導に当たっている。

外部リンク[編集]