箱ぞり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hakozori-01.JPG
Hacozori-02.JPG

箱ぞり(はこぞり)は日本の雪国で使われていた道具で、箱状の荷台にソリが付いたもの。北海道、東北、北陸、甲信越などの雪国では、雪が降ると箱ぞりを出して物を入れて運んだ。箱橇箱ゾリとも表記する。

構造[編集]

箱ぞりの大きさは大人一人が乗れるくらいが一般的だが、子供用箱ぞりも有ったようである。

意匠(デザイン)は地方によって違うようである。秋田の箱ぞりは格子模様の飾りが施されていて、地板の色はあずき色が多い。この意匠は山形にもあるようであるが、圧倒的に秋田に多い。

更に部分的に意匠を施して、同じ箱ぞりでも、それぞれ個性を主張している。

利用[編集]

昭和30年代頃までは、自動車も余り普及していなかったので、雪が降っても今のように十分除雪しなかった。昔から物を運ぶ手段として、大きいものは馬そり(馬橇、馬ソリ)、小さいものは箱ぞりを利用した。時には、医者に連れて行く病人も運んだようである。

今では日常使うことはなく、観光用に使われたり、民具などの歴史資料館に保存されたり、個人的に収集されたりしている程度である。