笠松の奴行列

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
笠松のやっこ行列 (岐阜県羽島郡笠松町)

笠松の奴行列(かさまつのやっこぎょうれつ)は、岐阜県羽島郡笠松町に伝わる民俗である。大名行列お奴ともいう。

1995年平成7年)11月21日岐阜県の無形民俗文化財に指定され[1]、笠松大名行列お奴保存会がその伝統を伝えている。

歴史[編集]

  • 江戸時代後期から始まったという。
  • 笠松はではなく、幕府直轄地で笠松に郡代美濃郡代)が置かれていた事から、大名行列そのものは無かった。恐らく、笠松を通る大名行列の様子から真似たものと思われる。

奴行列の概況[編集]

  • 江戸時代大名行列を先導するのの独特の動き(奴振り)を、ほぼ当時のまま伝えているとされる。
  • の服装をした、約100人の行列であり、掛け声をして、手に持った毛槍鳥玉等を投げ渡しながら進むものである。
  • 毎年4月の笠松春まつりの本祭にて、本町通り~八幡神社産霊神社を練り歩く。本祭は八幡神社、産霊神社の例祭にあたり、4月15日前後に開催される。

脚注[編集]

  1. ^ 笠松の奴行列”. 岐阜県. 2013年5月14日閲覧。

外部リンク[編集]