竹葉堂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

竹葉堂(ちくようどう、生没年不詳)とは江戸時代末期の浮世絵師

来歴[編集]

竹葉堂と号して文久年間に歌川派風の役者絵を描いている。作品に文久2年(1862年)に刊行された大判の錦絵「市村羽左衛門 中村芝翫」が挙げられる。

作品[編集]

  • 「市村羽左衛門 中村芝翫」 大判 文久2年
  • 「市村羽左衛門 立花ノ鶴吉」 大判 文久2年
  • 「当世三幅対」 大判 文久2年

参考文献[編集]