竜骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
竜骨(生薬)として使われる哺乳類の骨の化石。海綿骨の部分も確認できる。

竜骨(りゅうこつ、龍骨、中国語: lónggǔ (ロンクー))とは、生薬の一種で大型の哺乳類化石のことである[1]。なかには恐竜の化石も含まれ、これが伝説となったとする説もあるが、支持されていない。

医薬品として日本薬局方に掲載されている生薬で鎮静作用、収斂作用がある[2]。成分は、炭酸カルシウム(50~80%)、リン酸カルシウムなどである。竜骨は、柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)、桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅこつぼれいとう)などの漢方薬に配合される[3]

竜骨の基原となるのはゾウサイ鹿などの仲間である。ナウマンゾウのように絶滅してしまった動物も多い。

現在は中国より輸入されているが、化石であるので将来的に枯渇してしまうことが懸念されている。

また、煮た牛骨等を粉砕し、石灰水に浸けてザラザラした感じにした偽物の竜骨もある。本物は舐めると舌に吸い付く感じがするという。本物は化石であり、化石は多孔質なため水分を吸着しやすいからである。

亀甲獣骨文字(甲骨文字)は、竜骨を持病の治療薬として求めた王懿栄が、文字の書かれた骨から発見したといわれる。また、北京原人の化石は竜骨の産地である周口店竜骨山で発見された。

脚注[編集]

  1. ^ 平成18年厚生労働省告示第285号『第十五改正日本薬局方』
  2. ^ 劉園英 「二味の配合(4) 竜骨と牡蛎」『伝統医学』、2007年、10巻、4号、p219
  3. ^ 久保道徳 「病院薬剤師のための漢方製剤の知識 龍骨」『日本病院薬剤師会雑誌』、1986年、3巻、p147~149

関連項目[編集]