コンテンツにスキップ

立ちくらみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
立ちくらみ
概要
診療科
症状 失神; 頭が無重力であるかのように感じる。 部屋を回転していると認識する(めまい)。
継続期間 一部の患者では再発するが、一時的
原因 低血圧低血糖不整脈貧血高カリウム血症血栓症水中毒脱水症
危険因子 糖尿病管理のための貧しい食生活、心不整脈の遺伝的素因。
診断法 症状に基づく。 一部の血栓性失神前症は、トロポニン血清レベルによって示される場合がある。
治療 原因によって異なる。 点滴、リンガーの乳酸、ブドウ糖補充療法、血栓溶解療法、または単に座ったり休んだりすることが含まれる場合がある。
死亡数・ 立ちくらみは致命的ではない。
分類および外部参照情報

立ちくらみ(たちくらみ)は、めまい失神する可能性のある一般的な不快な感覚[1]。立ちくらみの感覚は、短命、長期、またはめったに再発しない場合がある。立ちくらみに加えて、個人はが無重力であるかのように感じる可能性がある。

原因[編集]

立ちくらみは、異常な血圧制御によって引き起こされる。 通常、立ち上がると、重力によって体幹静脈血液が集まる。 血液が下半身にたまることで血圧が下がり、心臓からに送り出される血液の量が減る。 脳に流れる血液の減少は、めまいなどの症状を引き起こす。 これを補うために、神経系は心拍数の急激な上昇を引き起こし、血管を収縮させ、その結果、症状が現れる前に血圧が正常に戻る。 この代償機能を担う神経系は自律神経系と呼ばれている。

出典[編集]

  1. ^ Chapter 14: Evaluation of the Dizzy Patient”. 2009年8月6日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]