空間整序法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

空間整序法(くうかんせいじょほう、Wet ruimtelijke ordeningWro)は、オランダ都市計画に関する法律である。

2006年に全面改正される以前は、Wet op de Ruimtelijke OrdeningWRO)であった。

構成[編集]

2010年に全文邦訳されたものが、2012年に日本都市センターよりブックレットとして発行された。[1]

第1章 総則
第2章 構造ビション
第3章 地区土地利用計画・編入計画
  • 第3.1節 地区土地利用計画の内容に関する規定
  • 第3.2節 地区土地利用計画の手続についての規定
  • 第3.2a節 地区土地利用計画の変更又は具体化の手続きに関する規定
  • 第3.3節 地区土地利用計画確定に先行するプロジェクト決定に関する規定
  • 第3.4節 地区土地利用計画の実施よ逸脱に関する規定
  • 第3.5節 県及び国による編入計画とこれに先行するプロジェクト決定
  • 第3.6節 空間政策の実現に係る調整
  • 第3.7節 (より詳細な)規則
第3A章 保全条例
第4章 一般規則及び特定指定
第5章 都市圏における市間連携
第6章 財務条項
第7章 履行確保及び実施の監督
第8章 異議申し立て及び抗告
第9章 計画に関する組織
第10章 最終規定

出典[編集]

  1. ^ http://www.toshi.or.jp/app-def/wp/?p=2844

関連項目[編集]

オランダの空間整序法に相当する各国の都市計画にかかる法律

外部リンク[編集]