建設法典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

建設法典(けんせつほうてん)は、ドイツ都市計画に関する法律。正式名称はドイツ語Baugesetzbuch(バウゲセッツブッフ)であり、BauGB(バウゲーベー)と略される。

1986年に連邦建設法(BbauG)と都市建設促進法(StBauFG)を統合して成立した。

構成[編集]

4部構成の法典である。[1]

第一部 一般都市建設法[編集]

  • 第一章 建設誘導計画
FプランBプラン
  • 第二章 建設誘導計画の保証
  • 第三章 建築とその他利用の規制、および補償
  • 第四章 土地整理
  • 第五章 収用
  • 第六章 造成
  • 第七章 自然保護事業

第二部 特別都市建設法[編集]

  • 第一章 都市建設的健全化事業
  • 第二章 都市建設的開発事業
  • 第三章 都市改造
  • 第四章 社会的都市
  • 第五章 民間主導
  • 第六章 保全法令と都市建設的命令
  • 第七章 社会計画および損害補償
  • 第八章 賃貸関係
  • 第九章 農業構造改善と関連した都市計画事業

第三部 その他の規定[編集]

  • 第一章 査定
  • 第二章 総則、権限、行政手続き、計画保持
  • 第三章 建設用地事法廷(部)の手続き

第四部 経過規定および雑則[編集]

  • 第一章 経過規定
  • 第二章 雑則

出典[編集]

  1. ^ http://www.gesetze-im-internet.de/bbaug/index.html

関連項目[編集]

  • 都市計画法 - ドイツの建設法典は、日本の都市計画法に相当する