空目

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

空目(そらめ)とは、

  1. そこに存在していないものを見たと認識してしまう事(幻視
  2. 実際には見ているものを見ていないふりをする事
  3. 顔全体でなく瞳だけを上に向けて見る事

である[1][2]。この内1と2には同様の事を耳でする「空耳」がある。

なお時期や規模は分からないが「書かれている単語を別の単語に見間違うこと」(対象を文字に限定した錯視)という意味での使用が見られだし、株式会社アイシェアが2008年9月2日から4日までの期間行った空目に関するリサーチの結果[3]によれば、20代から40代までのネットユーザー412人の内236人(57.3%)が「空目をしたことがある」と回答している(ただこれは「見間違いをした事があるか」という事であって、「空目と言う表現を知っていた、あるいは使ったことがあるか」という意味は含まない)。

空目をしたことがある236人に対する「空目と言う表現を使ったことがあるか」という項目には220人(93.2%)が「ない」と回答。「ある」の内わけは性別では女性は125人中7人、男性は111人中9人で男性の方が率が高く、年代別では30代が最も高く112人中12人(10.7%)だった。

脚注[編集]

[ヘルプ]