空家等対策の推進に関する特別措置法

From Wikipedia
Jump to navigation Jump to search
空家等対策の推進に関する特別措置法
日本国政府国章(準)
日本の法令
通称・略称 空き家対策特別措置法
法令番号 平成26年11月27日法律第127号
種類 行政手続法
効力 現行法
主な内容 空家等に関する施策を推進
関連法令 行政代執行法
条文リンク e-Gov法令検索
テンプレートを表示

空家等対策の推進に関する特別措置法(あきやとうたいさくのすいしんにかんするとくべつそちほう)とは日本の法律(議員立法)。

空き家の持ち主について市区町村に固定資産税の納税記録を照会して特定して立ち入り調査権限をすることを認め、倒壊の恐れがある等の「特定空き家」については撤去や修繕を命じ、行政代執行を可能にすることを規定している[1]

脚注[edit]

[ヘルプ]
  1. ^ “【空き家特措法】 持ち主特定、対応迅速に 小規模自治体は態勢に不安 26日施行”. 共同通信. (2015年2月25日) 

関連項目[edit]

外部リンク[edit]