穂積堂青牛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

穂積堂 青牛(ほづみどう せいぎゅう、生没年不詳)とは江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

青牛、青牛斎、笛童、穂積、穂積堂と号しており、宝暦頃、肉筆美人画を描いている。印に「穂積堯珍之印」などを使用している。

作品[編集]

  • 「立美人」 才路坊賛
  • 「江口君」 紙本着色
  • 「若衆と下男」 紙本着色
  • 「手燭持つ美人」 紙本着色
  • 「見立邯鄲夢見る遊女」 紙本着色

参考文献[編集]

  • 吉田暎二 東大路鐸「海外の肉筆浮世絵逸品選Ⅱ」 『浮世絵』第39号 画文堂、1969年
  • 日本浮世絵協会編 『原色浮世絵大百科事典』第2巻 大修館書店、1982年 ※121頁