秦皇島港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

秦皇島港(しんこうとうこう)は、中国河北省秦皇島市の一つ石炭取扱量として中国だけではなく世界最大の石炭中継港である。[1] 河北省東部沿岸に位置し、北の山西内蒙古陝西甘粛寧夏などは主要石炭産地であるから[2]、北部の石炭を南部へ輸送する主な港として、全国の沿岸港の50パーセントを占め、世界初の石炭年間輸出量2億トン規模の港となった。[3]

脚注[編集]

  1. ^ 秦皇島港の石炭在庫3割減、石炭企業が減産で価格下支え
  2. ^ 秦皇島港石炭バース第4期建設事業
  3. ^ 秦皇島港の石炭取扱量、世界初の年間2億トン