私審判

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

私審判(ししんぱん、英語: The Particular Judgment[1][2], ロシア語: Частный суд[3])とは、正教会カトリック教会で、人が死後に直ちに受けるとされる審判のこと。イエス・キリスト再臨後に人が受ける公審判とは区別される。

正教会とカトリック教会に共通する理解[編集]

死とは、霊魂が肉身を離れることと理解される[4][5]。人は死んでから、肉身は土となる(創世記3:17 - 19[4]コヘレトの言葉12:1 - 17[5])。

霊魂は直ちに神の審判を受ける。これは全ての死者の復活の前に行われる最後の審判、すなわち公審判とは区別される[4][6]

聖書の箇所としては、以下が挙げられる(他にも多数ある)。

  • 富める者と貧しきラザロのたとえ(ルカ16:19 - 31)[4][6]
  • 回心した犯罪者に向けられた十字架上のイエスの言葉:「あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」(ルカ23:43)[4][6]
  • 「人一度死して、然る後審判あるは、定まれることなり」(ヘブル9:27)[4][6]

正教会とカトリック教会の違い[編集]

正教会においては、死後ただちに受ける私審判については、その生涯にわたって行った善悪について神の裁きが行われる、それぞれに相応しい仮の報いを受けるものとされる[4]

カトリック教会においては、私審判の後に、「清めを経た上で至福に入るか、直接に天の至福に入るか、直ちに永遠の苦しみを受けるか」のいずれかの報いを受けるとされる[6]

カトリック教会における私審判の結果としての「清めを経た上で至福に入る」とは煉獄を指すが、煉獄の教えは正教会には無い[7]

脚注[編集]

  1. ^ The Greek Orthodox Church (英語)
  2. ^ I. The Particular Judgment (英語)
  3. ^ Частный Суд! (ロシア語)
  4. ^ a b c d e f g 日本ハリストス正教会教団『正教要理』96頁 - 103頁、昭和55年12月12日
  5. ^ a b カトリック教会のカテキズム』303頁 - 304頁、2002/7/31 ISBN 9784877501013
  6. ^ a b c d e カトリック教会のカテキズム』307頁 - 313頁、2002/7/31 ISBN 9784877501013
  7. ^ イラリオン・アルフェエフ著、ニコライ高松光一訳『信仰の機密』190頁、東京復活大聖堂教会(ニコライ堂) 2004年

参考文献[編集]

外部リンク[編集]