禿髪ジョク檀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
本来の表記は「禿髪傉檀」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
景王 禿髪傉檀
南涼
第3代王
王朝 南涼
在位期間 402年 - 414年
都城 西平→楽都→姑臧→楽都
姓・諱 禿髪傉檀
諡号 景王
生年 365年
没年 415年
禿髪思復鞬
年号 弘昌 : 402年 - 404年
嘉平 : 408年 - 414年

禿髪 傉檀(とくはつ じょくだん)は、五胡十六国時代南涼の第3代王。禿髪烏孤禿髪利鹿孤の弟であり、烏孤の在位中は車騎大将軍・広武公に封じられ、利鹿孤の在位中は都督中外諸軍事・涼州牧・録尚書事に任じられ、いずれも軍権は傉檀が掌握していた。

建和3年(402年)に利鹿孤が病没すると、傉檀がその地位を継承して涼王を自称し、弘昌と改元、都も楽都に遷した。しかしそれから数年は北涼の侵入を受けている。周辺からの侵入の原因は南涼の地が小さく、民が貧しいためと考えた傉檀は嘉平7年(414年)に西方の吐谷渾乙弗部を攻め国力の充実を図った。しかし西秦の軍勢により攻撃を受け楽都は陥落し、傉檀も西秦に降伏して南涼はここに滅亡した。翌年、傉檀は西秦王の乞伏熾磐により毒殺された。

宗室[編集]

[編集]

  • 折掘王后

子女[編集]

  • 禿髪虎台
  • 禿髪明徳帰
  • 禿髪安周
  • 禿髪染干
  • 禿髪破羌(後の源賀
  • 禿髪保周
  • 女(西秦王后)
  • 女(西秦左王后)