神崎海岸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神崎海岸(こうざきかいがん)は、大分県大分市大字本神崎にある海岸である。

概要[編集]

大分市東部の佐賀関半島の基部に位置し別府湾に面した海岸で、7月から8月の夏期には海水浴場として賑わう。

1988年には101匹のアカウミガメのふ化が確認され、翌年にも産卵が確認されている。また、付近の大分市馬場の海岸では、2008年にウミガメが目撃され、2010年には大分市としては22年ぶりにアカウミガメのふ化が確認されている[1][2]

海岸付近には1641年創建の教尊寺があり、本堂が大分県の有形文化財に指定されている。

なお、大分市には西部の海岸沿いにも神崎(かんざき)という大字があり、その地区内の田ノ浦海岸には田ノ浦ビーチと呼ばれる海水浴場が整備されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 20年ぶりウミガメ産卵を確認 佐賀関 大分合同新聞、2010年7月15日
  2. ^ アカウミガメ 大分市で、ふ化 大分合同新聞、2010年8月30日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]