神保武周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

神保 武周(じんぼう たけちか[1]正徳5年(1715年) - 明和5年11月3日1768年12月11日))は江戸時代旗本系図上は神保氏張の子孫であり、神保氏一系の当主である。この神保家は神保町という地名の由来になった家柄である。

通称は幸三郎、宮内、隼人[1]。法名は道徹。[1]。父は小尾信武(武周は三男)、母は伊丹康之の娘、養父は神保氏秀[1]。妻は神保氏秀の養女(実は神保氏壽の娘。つまり、氏秀の妹である)。[1]。子は武甫陳俊貞正武利勝嘉武貞、ほか19人[1]

元文5年(1740年)、家督を相続し、徳川吉宗御目見する。寛保3年(1743年)には小姓組に列する。延享3年(1746年)の正月、命を受けて稲生氏英と共に畿内各国を視察、宝暦3年(1753年)に辞職する[1]。宝暦8年(1758年)に御書院番となり、宝暦11年(1761年)に辞す[1]。明和5年(1768年)に死去、54歳没[1]

参考[編集]

関連記事[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 「寛政重脩諸家譜. 第7輯」による。本文は169頁、コマ番号は95頁。