神の国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『神の国』冒頭部分、1470年製作本

神の国』(かみのくに、ラテン語De Civitate Dei contra Paganos、フルタイトル、神の国:異教との対決)は、5世紀初頭に書かれたアウグスティヌス後期の主要著作。

世界の創造以来の歴史を地の国とそれに覆われ隠されている神の国の二つの歴史として叙述する。全22巻より成り、前半10巻で地の国を、後半12巻で神の国を論ずる。アウグスティヌスは410年ゴート族によるローマ陥落を機に噴出したキリスト教への非難に、この著作によって応えた。

この語は聖書の語句であり、アウグスティヌスの著書のみならず、すべてのキリスト教で使われる。

構成[編集]

全22巻から成り、第1巻-第10巻までの第一部と、第11巻-第22巻までの第二部に大別される。

  • 第一部
  • 第二部
    • 第11巻-第14巻 : 2つの国の起源
    • 第15巻-第18巻 : その歴史・進展
    • 第19巻-第22巻 : 待ち受ける運命

内容[編集]

第1巻-第5巻[編集]

第1巻

マルセリヌスの求めに応じ、神の国を創立者である真の神を誹謗する異教徒たちに対して弁護すると述べる。神の国の最高の法は、「神はおごるものに抗い、へりくだる者に恩寵を給う」ところにある。偶像教は道徳を支持するどころか、背徳汚行を宗教的行事において是認推奨している。また、異教徒によるクリスチャンへの迫害、クリスチャン婦女への暴行について考察する。[1][2]

第2巻

ローマの歴史を考察し、キリスト教の広まる前、偶像教の神々が崇拝されていた時、ローマに多くの災害があったと指摘する。その災害の第一は、道徳的堕落である。これらの神々は、いまだかつてローマ人に道徳を与えなかったばかりでなく、淫猥な祭典すら要求した。アウグスティヌスは彼らの女神の祭礼について描写し、このような醜悪な祭典を好む神々は、不浄の汚鬼に違いないと断言する。アウグスティヌスの訴えは、異教を捨てて、キリスト教に回心しなければならない。神々は悪霊だというものである。[3][4]

第3巻

ローマの歴史について。

第4巻

ローマの発展は真の意味においては、神々ではなく、唯一真の神の御旨によると述べる。ユダヤ人が世界に散らされたのは、これによって、虚偽の神々の偶像、祭壇神殿等が、毀たれるためである。[5]

第5巻

アウグスティヌスは偉大なローマの魂を、キリスト教の信仰のために死をも辞さなかった殉教者の群れのうちに発見する。 [6][7]

第6巻-第10巻[編集]

第11巻-第14巻[編集]

第13巻

原罪の問題。人間の罪と、その刑罰として人間に与えられる死について。[8]

第15巻-第18巻[編集]

第19巻-第22巻[編集]

第21巻

悪魔の国の終焉、すなわち永遠の刑罰について。[9]

第22巻

聖徒に対する永遠の祝福と他の者にたいする永遠の刑罰の約束について。天において聖徒は罪を犯すことのできない自由意志を受ける。祝福された者は自分自身について知るとともに、滅ぼされた者たちの永遠の苦しみを知る。[10]

脚注[編集]

  1. ^ 岩下p.96-102
  2. ^ 中山p.61-74
  3. ^ 岩下p.102-110
  4. ^ 中山p.75-77
  5. ^ 中山p.78-82
  6. ^ 中山p.83-
  7. ^ 岩下p.111-116
  8. ^ 中山p.135-141
  9. ^ 中山p.713-174
  10. ^ 中山p.174-186

書誌情報[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

執筆の途中です この項目「神の国」は、キリスト教に関連した書きかけ項目です。加筆・訂正などをして下さる協力者を求めていますP:キリスト教/PJ:キリスト教)。