神のいつくしみへの祈りの花束

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
神の慈しみのイメージ画

神のいつくしみへの祈りの花束(かみのいつくしみへのいのりのはなたば)は、聖ファウスティナ・コヴァルスカによって始められたカトリック教会の祈り。神のいつくしみのチャプレット慈しみのチャプレットとも呼ばれる。「神のいつくしみへの礼拝」と云われる信心に属する。

ロザリオを用いて祈るのが特徴。

神のいつくしみのチャプレット(神のいつくしみへの祈りの花束)[編集]

  • 初めに主の祈り、アヴェ・マリアの祈り、信仰宣言を1回ずつ唱える。
  • 主の祈りの珠で次の言葉を1回唱える
永遠の父よ、私たちと全世界のすべての罪のあがないのために、あなたの最愛の子、私たちの主イエス・キリストのおん体とおん血、ご霊魂と神性をみ前に捧げます。
  • アヴェ・マリアの祈りの珠で次の言葉を10回唱える。
イエスの痛ましいご受難によって、私たちと全世界にいつくしみを注いで下さい。
  • 以上を5連唱えたら、最後に次の言葉を3回唱える
聖なる神、聖なる全能の神、聖なる永遠の神よ、私たちと全世界を憐れんで下さい。[1]

キリストの約束[編集]

ファウスティナはこの信心について、キリストが次のように語ったと日記に記している。

この祈りを絶えず唱えなさい。この祈りを唱える人は誰であっても、臨終の時には偉大な憐れみを受ける。司祭はこの祈りを最後のより所として罪人に与える。最も罪深いひとであっても、この祈りの花束を一回でも唱えれば、私の限りないいつくしみから恵みが与えられる。私は、全世界に私のいつくしみを知って欲しい。私のいつくしみに信頼する人々に、想像もつかない恵みを与えたい[2]

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ わたしの霊魂における神のいつくしみ 聖母の騎士社
  2. ^ わたしの霊魂における神のいつくしみ 聖母の騎士社

外部リンク[編集]