研磨テープ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

研磨テープ(けんまテープ)は研磨材を用いた加工用具の一種。主に、ハードディスクの表面研磨や光ファイバーの端面研磨やプラズマディスプレイのカラット取りなど、精密部品の研磨に使われる。

WA(ホワイトアルミナ)・GC(グリーンカーボランダム)・D(ダイヤモンド)などの研磨材に、10マイクロメートル以下の微粒子にポリエステルウレタン樹脂を加え、薄膜状に塗布したものが製品となる。塗布厚は5-10マイクロメートルで、研磨剤の大きさや使用目的に応じて変わる。研磨剤が非常に細かいことから、クリーンルーム内での製造によるスクラッチ防止が要求される。また鏡面化と加工量の両立のため、そのトレードオフを克服する技術力が要求される、

砥石研磨布紙→研磨テープの順に仕上がりは細かくなる。

関連項目[編集]