石黒将監

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石黒 将監(いしぐろ しょうげん、生没年不詳)は、戦国時代武将。通称は五郎兵衛。

甲斐国武田氏の家臣・諸角虎定の配下で、当時は五郎兵衛と称した。永禄4年(1561年川中島の戦いで虎定が討死すると、その首級を奪還する活躍を見せた。

その後は将監と名乗り、山県昌景の配下に編入された。天正10年(1582年)に武田氏が滅亡すると徳川家康へ降り、所領を安堵され、井伊直政の家臣となった。

ただし、一説には五郎兵衛は将監と同一人物ではなく、将監と共に家康に降った石黒与兵衛のことだとも言う。