石田孝吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石田孝吉

石田 孝吉(いしだ こうきち、1872年4月7日明治5年2月30日[1]) - 1926年大正15年)8月9日[2])は、日本衆議院議員勲四等旭日小綬章

経歴[編集]

島根県に生まれる。祖先は毛利公に仕えた家臣で石田量太郎の長男。1896年(明治29年)7月慶應義塾を卒業し島根県に帰郷。

迩摩郡会議員、島根県農会議員などを経て、1901年(明治34年)日本赤十字社特別社員に列せられ、1903年(明治36年)3月衆議院議員に当選。1904年(明治37年)帝国義勇艦隊建設の際の地方委員に嘱託。1905年(明治38年)大蔵省より島根県大森税務署審査委員。

脚注[編集]

  1. ^ 『第拾壱回改選 代議士銘鑑』、国華新聞社、1912年。
  2. ^ 参考文献『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』62頁。

参考文献[編集]