石川清

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 清(いしかわ きよし、1924年 - )は日本の精神科医。元東京大学講師。

略歴[編集]

士族の末裔。祖父は戦艦三笠軍医長で、父も信州大学医学部附属病院初代病院長という医家の三代目。日比谷高校から東大医学部へ進学。松沢病院インターンの時期に白木博次ロボトミー手術を目撃[1]

1960年3月 東京大学医学博士 論文の題は「妄想の研究 : 現象学的了解心理学的考察」[2]

1971年(昭和46年)、日本精神神経学会評議員として、東大教授で元同会理事長の台弘を、人体実験の件で告発し、赤レンガ闘争を引き起こす[3]連合赤軍のリーダー森恒夫を病棟内に宿泊させたこともあるとも語っている[1]

著作[編集]

単著[編集]

翻訳[編集]

  • 『精神医学小史』エルヴィン・ハインツ・アッカークネヒト/ 医学書院 (1976/12)

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b 「ドキュメント東大精神病棟」  サンケイ新聞東大取材班 (光風社書店)
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ http://blog.m3.com/yonoseiginotame/20100305/4

外部リンク[編集]