石川小耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

石川 小耕(いしかわ しょうこう、生没年不詳)とは明治時代の女性日本画家

略歴[編集]

尾形月耕の門人。小耕と号す。京橋南鍛冶町の旅館「長寿館」の娘として生まれる。女子美術学校の在学中であった明治35年(1902年)に月耕に入門した。翌明治36年(1903年)の第2回美術研精会展覧会に「静思」を出品、明治37年(1904年)に女子美術学校を卒業、同校教授を務めた。また明治40年(1907年)に国香会女子絵画会展覧会に「富士山上の奇観」を出品している。月耕晩年の弟子として師に可愛がられたという。

作品[編集]

  • 「遊女図」 絹本着色 桃投伸二コレクション

参考文献[編集]

  • 日本美術院百年史編集室編 『日本美術院百年史 二巻上』図版編 日本美術院、1990年