石山源治郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

石山 源治郎(いしやま げんじろう、1904年8月27日 - 没年不明)は昭和時代の大相撲力士春日野部屋所属。本名は武田源次郎。最高位は十両6枚目。

経歴[編集]

滋賀県大津市出身。春日野部屋に入門し、1923年5月に初土俵を踏む。1930年1月十両に昇進。2場所続けて負け越したため、5月に幕下に落ちた。1932年1月十両に復帰したが、番付発表直後に起きた春秋園事件により脱退し、新興力士団を経て、関西角力協会に入った。

参考文献[編集]

小池謙二『大相撲星取大鑑』昭和編第1巻、医聖社、1986年

関連項目[編集]