矢部城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
矢部城
神奈川県
別名 矢部氏館
城郭構造 平城
築城主 矢部義兼
築城年 鎌倉時代
遺構 土塁板碑
指定文化財 なし
位置 北緯35度35分0秒 東経139度23分37秒 / 北緯35.58333度 東経139.39361度 / 35.58333; 139.39361座標: 北緯35度35分0秒 東経139度23分37秒 / 北緯35.58333度 東経139.39361度 / 35.58333; 139.39361
地図
矢部城の位置(神奈川県内)
矢部城
矢部城
テンプレートを表示

矢部城(やべじょう または矢部氏館 やべしやかた とも言う)は、鎌倉時代横山党の一員であった矢部義兼がつくったものとされる日本の城。現在の神奈川県相模原市中央区上矢部にあたる。

歴史[編集]

矢部城(矢部氏館)は武蔵七党のひとつ、横山党の矢部義兼が築いた居館とされる。矢部義兼は1213年(建暦3年)の和田合戦で戦死してしまう。享年67といわれている。現在上矢部には板碑が残っている。本来の板碑は表に梵字仏像が刻まれているものだが、この板碑には上部に阿弥陀如来の像があり、下には左右に蓮の花がある。中央には「乾元二年八月日」と書かれている。これは1303年(乾元2年)に遺族や家臣が義兼の追悼のために建てた物だといわれている。2001年(平成13年)4月1日付で相模原市指定有形文化財に指定されている[1]。現在、跡地には土塁が残っており、案内板が設置されている。

脚注[編集]

  1. ^ 相模原市指定有形文化財

関連項目[編集]

外部リンク[編集]