矢尾宏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

矢尾 宏(やお ひろし、1946年8月2日 - )は日本の実業家三菱マテリアル取締役会長、日本鉱業協会元会長、セメント協会元会長、日本アルミニウム協会元会長。

人物[編集]

岡山県出身。岡山県立倉敷青陵高等学校を経て、1969年一橋大学社会学部卒業。1969年三菱金属鉱業(現三菱マテリアル)入社。1982年からシカゴに赴任。各国の工場を訪ね、世界に販売網を築く[1]

1997年三菱マテリアル株式会社加工事業本部超硬製品部長、1998年米国三菱マテリアル社長、2001年三菱マテリアル執行役員、2002年経営企画室長、2003年常務執行役員、2004年常務取締役、2006年副社長兼ユニバーサル製缶代表取締役社長、2008年三菱アルミニウム代表取締役社長、2010年三菱マテリアル経営顧問。この間数々の不振事業の立て直しに成功。2008年から2009年まで日本アルミニウム協会会長。

2010年に井手明彦の後任として第5代三菱マテリアル代表取締役社長に就任。2015年より代表取締役会長。後任の社長は竹内章。この間2012年から一般社団法人セメント協会会長。2013年から日本鉱業協会会長[2]

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞2010/5/14
  2. ^ [1]