真・現代猟奇伝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

真・現代猟奇伝』(しん・げんだいりょうきでん)は、漫画家・氏賀Y太による連作漫画シリーズ。

概要[編集]

元々、桜桃書房からシリーズ刊行されていた、古今の残酷エピソード、猟奇事件を題材としたアンソロジーコミック『現代猟奇伝』の終了後、その執筆陣の一人であった氏賀単独の連作シリーズとして再始動した形になる。

副題に「猟奇事件ファイル」とあり、被害者の名前や容姿などは実際とはかけ離れたものにしてあるものの、実際に起こった事件を題材にして漫画化している。基本的には裁判等で明らかになった事実にもとづいてはいるものの、「物語」としての脚色もされており必ずしも事件を忠実に再現しているわけではない。連載第2回の扉部分に編集部から企画意図の説明が入り、以後は扉部分に「このお話は事実にもとづいた物語であり、内容に関しては全てフィクションです。」との注意書きが入った。

内容[編集]

注)時効になったファイル3のみ「事件」を題材にした完全なフィクション。

単行本[編集]

株式会社オークスより「夢雅コミックス」のレーベルで刊行された。「真・現代猟奇伝」全話とオリジナル短編「そこの肉片に告ぐ」「ANGEL」「ゆめいろハンバーグ」の3作品を収録。

脚注[編集]

[脚注の使い方]