盾津飛行場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

盾津飛行場(たてつひこうじょう)は、大阪府東大阪市盾津(稼働当時は中河内郡盾津町)大字本庄、新庄にかつて存在していた軍用飛行場である。第二次世界大戦後、廃止・閉鎖された。

概要[編集]

1933年(昭和8年)に国粋大衆党笹川良一総裁)の組織する「国粋義勇飛行隊」によって[1]民間人搭乗員養成用の「(財団法人)大阪防空飛行場」(発起人:笹川良一、藤本忠兵衛)として建設開始。1934年(昭和9年)2月に起工、9月に完成。同時に陸軍省陸軍に寄贈され大阪陸軍飛行場として開業。盾津飛行場と呼ばれた[2]。 1935年(昭和10年)ドイツからグライダー学校の校長ヒルトが来場し模範飛行を披露。関西学生航空連盟の練習場にもなっており、日本帆走飛行連盟のグライダー大会など、学生の全国大会も開催された。1939年(昭和14年)には大学生の軍事演習地として使用された[3]

1940年(昭和15年)には西隣に大阪練兵場が開設された。1941年(昭和16年)大阪練兵場と共に海軍に移管、滑走路を北東に拡張。川西航空機松下航空機北河内郡住道町、現大東市三洋町、井植歳男社長)生産の木製飛行機「明星」などの試験飛行場として使用された。

当時の主な概要は以下のとおりである。

  • 総面積 253,800平方メートル
  • 滑走路 2,460平方メートル(744メートル、填圧、平面)
  • 誘導路 不明
  • 掩体壕 練兵場跡に数基
  • 格納庫 3棟(各234坪。小型機70機格納可)
  • 兵舎 教育隊舎10、寄宿舎1(隊員40名収容)、隊長宿舎、講堂兼道場、食堂、浴場
  • その他 発動機工場、木工場

終戦後[編集]

1945年(昭和20年)8月、停戦に伴い米軍に接収され閉鎖。同年11月には「緊急開拓事業実施要綱」により練兵場跡の開墾が実施された。1947年(昭和22年)4月に飛行場の居住施設・格納庫跡に盾津町立中学校(現東大阪市立盾津中学校)が開校。1950年(昭和25年)8月には飛行場跡が農地として払い下げられ、1969年(昭和44年)にはその一部が流通業務団地地区に指定されトラックターミナルが設置された。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]