相声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

相声(そうせい/しょうせい、拼音: xiàng shēng シャンション)とは、中国の伝統的な話芸の一つ。話術や芸で客を笑わせる芸能である。日本の寄席演芸に例えると、漫才に相当する。

歴史[編集]

中国の「説唱」「曲芸」(語り物と歌いものの伝統芸能の総称)のジャンルの一つである。相声の起源は不明な点が多いが、一説によると語源は「像声」(物や人の声をまねる声帯模写の芸)で、明清時代から盛り場や茶館などで、客を笑わせる話芸として演じられていた。

文字文献に名前が記録されている最古の相声芸人は、19世紀半ばごろに活躍した「張三禄」という人物だが、生没年も含めて彼の詳細な経歴は不明である。

中国の相声の芸人は、この張三禄を初代の「祖師」として、代々、師承(師匠に正式に入門し、弟子として認定される師弟関係を、代々受け継いでゆくこと)の関係を重んじてきた(この点は日本の落語家の師承と似ている)。中国のプロの相声芸人の多くは、張三禄から数えて「第x代相声演員」というくくりで分類される。2012年現在、活躍中の相声芸人の最も若い世代は「第十代相声演員」である。

内容と分類[編集]

日本の漫才と同様、面白い話をして客を笑わせるのが基本的内容である。形式やジャンルにより、以下のように分類する場合がある。
演者の人数による分類

  1. 単口相声 一人だけでしゃべる。
  2. 対口相声 ボケ役とツッコミ役の二人でしゃべる。
  3. 群口相声 三人以上が登場して、しゃべる。

作品の制作時期による分類

  1. 伝統相声 清末から民国初期までの作品。日本の落語で言えば「古典落語」に相当する作品。
  2. 新相声 1949年に建国した中華人民共和国(いわゆる「新中国」)の作品。
  3. 当代相声 1980年ごろから現在まで、いわゆる改革開放」時代の作品。

関連項目[編集]