相原誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

相原 誠あいはら まこと, 1968年5月5日 - )は、日本の体操選手。父に相原信行(ローマオリンピック金メダリスト)・母に相原俊子(東京オリンピック銅メダリスト)・弟に相原豊(バルセロナオリンピック銅メダリスト)を持つ。群馬県立高崎工業高等学校から日本体育大学に進学し卒業。

経歴[編集]

  • 1983年、全国中学生選手権で個人総合優勝を飾る。同年、全日本ジュニア選手権でも個人総合優勝
  • 1984年、インターハイで床優勝
  • 1985年、インターハイで個人総合優勝。同年、全日本ジュニア選手権、高校選抜でも個人総合優勝
  • 1986年、インターハイで個人総合優勝で2連覇。同年、全日本ジュニア選手権も個人総合優勝で2連覇。高校選抜でも2連覇。高校3年のこの年、国内全出場大会で優勝を総ナメ。同年、国際ジュニア大会でも床優勝を飾り、個人総合2位
  • 1987年、ザグレブユーゴスラビア(現在はクロアチア))で行われたユニバーシアードに日本代表として出場し男子団体で3位に入る
  • 1988年、全日本選手権で床優勝
  • 1989年、アメリカンカップで床優勝
  • 2005年、埼玉県本庄市にヴィジョン体創[1]クラブを創立。小学校や中学校の体育館を借りて子供達の育成に取り組んでいる。
  • 2009年、埼玉県児玉郡上里町にホーム体操場を設立。ヴィジョン体操クラブが4月オープン。体操場併設の学習塾ウィンヴィジョン同時オープン

脚注[編集]

  1. ^ 「創」の字になっているのは「体を創る」という意味。

外部リンク[編集]