盧慕貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
盧慕貞
盧慕貞がマカオに住んだアパート、現在はマカオ国父紀念館

盧 慕貞(ろ ぼてい、ルー・ムージェン、1867年7月30日 - 1952年9月7日)は、中華民国政治家孫文の最初の正室

孫文と同じ中国広東省香山県(現中山市)出身の父親の仕事の関係でホノルルで生まれる。1885年、親同士の決定で18歳の時に孫文と結婚した。2人は一男二女(孫科孫娫孫婉)を儲けたが、忙しい孫文とは一緒に暮らすことはほとんどなかった。1892年に、祖母と子供たちとハワイに渡る[1]辛亥革命の後、孫文は忙しく国事をした。1912年、女性団体「神州女界協済社」の名誉社長就任[2]

1915年に日本で孫文が宋慶齢と結婚したことにより、孫文と離婚することにした。盧慕貞はハワイでキリスト教に入信し、マカオに転居、寄託した便りによると篤信に至ったと言う[3]1952年に死去して、マカオの墓地に安葬された。2005年、中山市人民政府に頼まれて、中山市に安葬された[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『近代中国人名辞典』山田辰雄、霞山会, 1995、p746
  2. ^ 辛亥革命期の湯国梨と務本女塾―女性教員、女性運動家として杉本史子、立命館文學 608号, pp.154-169, 2008年12月
  3. ^ 孫文とキリスト教深澤秀男、岩手大学人文社会科学部紀要、1999-12
  4. ^ 孫文夫人宋慶齢