監護権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

監護権(かんごけん)とは、親権を構成する権利の一つ。

親権者保護者など)の未成年者に対する権利として、民法で規定される(民法820条)。

内容[編集]

親権の内容としては、身上監護権、財産管理権、法定代理権などがあるが、このうちの身上監護権を特に監護権と呼ぶ。

監護権(身上監護権)の内容は次の通りである。

監護権の内容はしばしば同時に義務を形成する場合がある。監護を怠った結果、その保護する子女の身体生命安全に危険が生じた場合、保護責任者遺棄罪で処罰されることがある。なお、離婚があった場合は親権者と監護権者とが別々に定められるケースがある(民法766条、771条)。