皇甫端

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

皇甫端(こうほ たん)は、『水滸伝』の登場人物。梁山泊第57位の好漢。地獣星の生まれ変わりとされる。渾名は紫髯伯(しぜんはく)で、碧い眼と赤い髯という容貌[1]に由来する。馬などの家畜・動物を専門に診る医師(獣医)である。

経歴[編集]

梁山泊に入山したばかりの張清の推薦で入山する。梁山泊に入山した最後の好漢であり、皇甫端が入山したことで108の好漢が全て揃った。

入山後は特筆すべき活躍というものは見られていないが、戦や生活全般に重要であったの診療・治療に当たっていることから、梁山泊内でも重用されていたと推測される(神医と呼ばれた安道全に次ぐ序列であることもそれを表している)。

方臘討伐の折には、時の皇帝徽宗から、金大堅とともに名指しで都に残るように命じられた。そのまま東京に留まり、方臘討伐後には宮中の馬を管理統括する役に任ぜられた。

脚注[編集]

  1. ^ 絵巻水滸伝吉岡平「水滸伝 伏龍たちの凱歌」では外国人説を採っている。