異邦人 (カミュ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
異邦人 (小説)から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
異邦人
L'Étranger
初版本
初版本
作者 アルベール・カミュ
フランスの旗 フランス国
言語 フランス語
ジャンル 長編小説不条理小説、実存小説
発表形態 書き下ろし
刊本情報
出版元 ガリマール出版社
出版年月日 1942年6月
日本語訳
訳者 窪田啓作
日本語訳刊行-新潮社 1951年6月 NCID BB09441640
[1]
Portal.svg ウィキポータル 文学 Portal.svg ポータル 書物
テンプレートを表示

異邦人』(いほうじん、: L'Étranger)は、アルベール・カミュ小説1942年刊。人間社会に存在する不条理について書かれている。カミュの代表作の一つとして数えられる。1957年、カミュが43歳でノーベル文学賞を受賞したのは、この作品によるところが大きいと言われる。

日本語訳としては、新潮文庫版の窪田啓作訳が広く知られ、冒頭1行目の「きょう、ママンが死んだ。」という訳も有名である。

あらすじ[編集]

アルジェリアアルジェに暮らす主人公ムルソーの元に、母の死を知らせる電報が、養老院から届く。母の葬式のために養老院を訪れたムルソーは、涙を流すどころか、特に感情を示さなかった。葬式の翌日、たまたま出会った旧知の女性と情事にふけるなど、普段と変わらない生活を送るが、ある日、友人レエモンのトラブルに巻き込まれ、アラブ人を射殺してしまう。ムルソーは逮捕され、裁判にかけられることになった。裁判では、母親が死んでからの普段と変わらない行動を問題視され、人間味のかけらもない冷酷な人間であると糾弾される。裁判の最後では、殺人の動機を「太陽が眩しかったから」と述べた。死刑を宣告されたムルソーは、懺悔を促す司祭を監獄から追い出し、死刑の際に人々から罵声を浴びせられることを人生最後の希望にする。

影響[編集]

映画[編集]

1967年にイタリアで『異邦人』(原題: Lo straniero)として映画化された。監督ルキノ・ヴィスコンティプロデューサーディノ・デ・ラウレンティス。出演はマルチェロ・マストロヤンニアンナ・カリーナなど。

『ムルソー再捜査』[編集]

アルジェリアの作家カメル・ダウドは、2013年にムルソーに殺された名前のない「アラブ人」の弟を語り手とする『ムルソー再捜査』を発表し、翌14年にゴンクール処女小説賞を受賞した。日本語版も含め世界28か国語に翻訳されている[1]

  • 訳書『もうひとつの『異邦人』― ムルソー再捜査』鵜戸聡訳、水声社、2019年

日本語訳書[編集]

参考文献[編集]

作品論
  • 野崎歓『カミュ『よそもの』 きみの友だち』「理想の教室」みすず書房、2006年
  • 東浦弘樹『晴れた日には『異邦人』を読もう アルベール・カミュと「やさしい無関心」』世界思想社、2010年
  • 松本陽正『『異邦人』研究』広島大学出版会、2016年
  • ジャック・フェランデズ構成・画『バンド・デシネ 異邦人』青柳悦子訳、彩流社、2018年

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ A lecture given by Kamel Daoud, Author of The Meursault Investigation at Yale on November 9, 2015.” (フランス語 / 英語字幕). Yale University. 2019年7月7日閲覧。

外部リンク[編集]