異常天候早期警戒情報

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

異常天候早期警戒情報(いじょうてんこうそうきけいかいじょうほう)とは気象庁が発表する気象情報の一つである。

概説[編集]

地方ごとに発表される。2008年3月21日からスタートした。

発表地域の検討対象期間の7日平年値から判断して、その差からの隔たりをかなり大きくするような異常な高温や低温が5~14日先に30%以上の確率で現れると予想される場合、それにより生ずるおそれのある災害や被害の防止・軽減に向け早期に対策を呼び掛けるために発表される。

効果[編集]

  • 農作物の管理対策
    • 水田の水管理
    • 果樹などの霜対策
    • 種まき・定植・収穫時期などの調整
    • 農作物などの出荷の調整
    • ハウスなどの温度管理における事前準備と対策 など
  • 家畜の暑さ(寒さ)対策
  • エネルギー設備のメンテナンス時期調整対策
  • 冷暖房機器の販売計画
  • 屋外作業・イベント等の際の高温対策や日程調整[1]

 など

外部リンク[編集]