田中邦彦 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 邦彦(たなか くにひこ、1951年(昭和26年)1月27日[1] - )は、日本実業家くら寿司株式会社代表取締役社長。

人物[編集]

1951年、岡山県総社市に生まれる[2]。1969年に岡山県立総社高等学校を卒業後、桃山学院大学経済学部経済学科に進学[3]。大学を卒業後、タマノヰ酢(現タマノイ酢)に入社。1977年5月に同社を退社後、大阪府堺市に寿司店を開業した。1990年3月に、株式会社くら寿司を設立。1995年11月に、株式会社くらコーポレーションを設立した。寿司皿を自動的に回収して、枚数を数えるシステムや、寿司皿に識別コードを付ける鮮度管理システムなどの独自の開発を手掛けた[4]

桃山学院大学時代に学生結婚し、妻の田中節子はくら寿司株式会社取締役環境事業本部長、長男の田中信は同社取締役副社長をそれぞれ担っている。

経歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ くら寿司【2695】 - 役員” (日本語). Ullet(ユーレット). 2020年6月2日閲覧。
  2. ^ 第351回 株式会社くらコーポレーション 代表取締役社長 田中邦彦氏【飲食の戦士たち】” (日本語). いんしょくハイパー【飲食の戦士たち】. 2019年12月14日閲覧。
  3. ^ 「田中 邦彦」の記事一覧” (日本語). PRESIDENT Online(プレジデントオンライン). 2019年12月14日閲覧。
  4. ^ 田中邦彦 プロフィール|講演依頼・講師派遣のシステムブレーン”. www.sbrain.co.jp. 2019年12月14日閲覧。

関連項目[編集]