田中翔太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 翔太郎(たなか しょうたろう、1988年7月12日 - )は、日本のスピードスケート選手。石川県金沢市出身[1]。現在Mエイトクラブに所属している[2]

金沢市立清泉中学校山梨学院大学附属高等学校[1]山梨学院大学卒業。日本スケート連盟のショートトラック部門の強化指定選手[2]

高校3年の時の、2007年1月に行われた国民体育大会冬季大会スケート競技会ショートトラック少年男子の部で優勝した[3]

2007年の第13回JOCカップジュニアオリンピックショートトラックスピード選手権大会で総合優勝を果たした[4]

2009年冬季ユニバーシアードのリレーで銀メダルを獲得した。同年の全日本ショートトラックスピードスケート選手権大会1500mで3位に入った[5]。9月に行われた全日本距離別選手権では1000mで4位に入った[6]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2011年冬季ユニバーシアード代表 (PDF)”. JOC. 2013年1月2日閲覧。
  2. ^ a b 日本スケート連盟. “強化選手プロフィール”. 2013年1月2日閲覧。
  3. ^ 第56回全国高校総体(冬季)選手権・第62回国体冬季大会競技会優勝者が教育長を訪問”. 山梨県 (2007年2月16日). 2013年1月2日閲覧。
  4. ^ 山梨学院 男子・田中 初の総合優勝”. 山梨学院ニュースファイル (2007年11月25日). 2013年1月2日閲覧。
  5. ^ 金沢出身の田中選手「ふるさと選手」に 来年1月のスケート国体”. 北國新聞 (2009年3月31日). 2013年1月2日閲覧。
  6. ^ バンクーバー五輪 ショートトラック代表選考特集”. スポーツニッポン. 2013年1月2日閲覧。