甘暘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

甘暘(かん よう、男性、生卒年不詳)は、中国明代万暦年間篆刻家書画家である。印譜『印正』は著名。を旭甫・旭父、は寅東。江蘇江寧(現在の江蘇省南京市)の人。

略伝[編集]

南京の鶏籠山に隠遁した。金石文に精しく、書法は巧みでその篆書で盛名を得た。篆刻は、の古印を好み、銅印・玉印も作成した。自然な趣で重厚な風格であった。新安印派 に属する。

出版[編集]

  • 『甘氏印集』
  • 『甘氏印正』

出典[編集]