瓶覗き

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
瓶覗から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動

瓶覗き(かめのぞき)とは、に近いごく薄い藍色。英語色名のペールアクア(ごくごく薄い水色)に近い。

藍色系統に属するが殆ど色味が無いため、オフホワイト(日本語の染色用語なら「白殺し」)に属すると考える場合も有る。

留紺>黒紺>(勝色)>花色浅葱>水浅葱>瓶覗きと藍色系統ではもっとも薄い色で、染色の際も藍瓶に漬けてすぐに引き上げてしまうことから「瓶覗き」と呼ばれる。

また、水瓶に映りこんだ青空の色を表現したので瓶覗きと呼ぶという説もあるが、江戸時代、瓶覗きと空色はどちらも同時期使われており、染色指南などを見るに空色のほうが濃い色で派生の色も数多く存在する。

関連項目[編集]